映画

「シティーハンター」作者の北条司が実写映画「エンジェルサイン」の総監督を担当することに


「キャッツ♥アイ」「シティーハンター」「エンジェルハート」で知られる漫画家の北条司さんが、実写映画「エンジェルサイン」で初の総監督に挑戦することになりました。

映画『エンジェルサイン』公式サイト
https://angelsign.jp/

企画を立ち上げたのは、週刊少年ジャンプ5代目編集長として北条さんとともに「キャッツ♥アイ」「シティーハンター」を作り上げ、史上最高の635万部を記録し「ジャンプ黄金期」を築いた堀江信彦さん。北条さんや「北斗の拳」「花の慶次 -雲のかなたに」の原哲夫さん、「よろしくメカドック」の次原隆二さんとともに新たな出版社・コアミックスを立ち上げた人物でもあります。

堀江さん&北条さんのタッグが生み出した代表作の一つ「シティーハンター」

©北条司/NSP 1985

堀江さんが初代編集長を務めた月刊コミックゼノンの新人賞であるマンガオーディションからは、関ジャニ∞・錦戸亮さん主演により「トレース〜科捜研の男〜」のタイトルでドラマ化された「トレース 科捜研法医研究員の追想」の作者・古賀慶さんなどがデビューしています。

このマンガオーディションの「世界版」として行われているのが、言葉の壁を取っ払うために演出力だけで勝負する「サイレントマンガオーディション」。これまでに14回開催され、108の国と地域から3580名のクリエイターが参加、6249編の作品が集まったとのこと。北条さんはオーディションで第1回から審査員を務めています。


今回映画化される「エンジェルサイン」は、この「サイレントマンガオーディション」に寄せられたストーリー数編に、北条さん自身によるオリジナルストーリーを加え、大きな一つの「愛のものがたり」としたものだとのこと。

北条さん以外のスタッフやキャスト、映画の公開時期などについては、記事制作時点では未発表となっています。

総監督・北条司さん:
マンガを描くのとは違い、映画制作はとても新鮮です。気を引き締め、粛粛と臨んでいきたいと思っています。


なお、北条さん原作の「シティーハンター」最新作、「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」は2019年2月8日(金)から絶賛公開中です。

「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」本予告第二弾 | 2019年2月8日(金)全国ロードショー - YouTube

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
約20年ぶりの新規映像「劇場版シティーハンター(仮)」特報公開 - GIGAZINE

北斗の拳・シティーハンター・君のいる町などの作者の作業机はこんな感じ - GIGAZINE

「ドラゴンクエスト」の3DCGアニメ映画化が決定、「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」ベースの作品に - GIGAZINE

「ガンダム」初の実写映画版を担当する脚本家が決定か - GIGAZINE

稲垣吾郎&蒼井優がアニメ映画「海獣の子供」に芦田愛菜演じる主人公の両親役で出演決定、ポスタービジュアル解禁 - GIGAZINE

in 映画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.