ハードウェア

Intelが6コア12スレッドのモバイルPC向け第10世代Coreプロセッサ「Comet Lake」を発表


IntelがモバイルPC向け「第10世代Coreプロセッサ(開発コードネーム:Comet Lake)」を発表しました。

Intel Expands 10th Gen Intel Core Mobile Processor Family, Offering Double Digit Performance Gains | Intel Newsroom
https://newsroom.intel.com/news/intel-expands-10th-gen-intel-core-mobile-processor-family-offering-double-digit-performance-gains/

Intel’s line of notebook CPUs gets more confusing with 14nm Comet Lake | Ars Technica
https://arstechnica.com/gadgets/2019/08/intels-line-of-notebook-cpus-gets-more-confusing-with-14nm-comet-lake/

Intelが発表したComet Lakeは新世代となる第10世代CoreプロセッサーのCPUで、モバイル向けCPUながらも6コア12スレッドを達成している点が特徴的。


Intelは公式発表で「第10世代プロセッサComet Lakeは前世代とUシリーズ同士で比較すると、最大で16%もの全体的なパフォーマンスの向上と41%以上のOffice 365処理性能の向上を達成している」と述べています。


Intelは同じ第10世代Coreプロセッサーとして、2019年8月1日に「Ice Lake」を発表しています。Ice Lakeが10nmプロセスで製造され内蔵GPUにIris Plusを備える一方で、Comet Lakeは14nmプロセスで製造され6コア12スレッドを備えています。


Comet LakeにもIce Lakeにも共通して、通常モデルのUシリーズと省電力モデルのYシリーズが存在しており、Ice Lakeの熱設計電力(TDP)の最低値は9Wである一方、Comet LakeのYシリーズのTDPの最低値は7W、さらにComet LakeはTDPを設定で4.5Wまで引き下げることが可能でComet Lakeは省電力の面で優れています。一方で、Comet Lakeの内蔵GPUはIntel UHD graphicsとグラフィックの面ではIce Lakeが秀でています。

Comet LakeとIce Lakeで共通しているのは、モダンスタンバイ・Intel Adaptix Technology・Thunderbolt 3・Wi-Fi 6を標準でサポートしているという点。公式発表において、IntelはWi-Fi 6を標準でサポートしている点を強調しています。


Comet Lakeシリーズのラインナップは以下の通り。UシリーズとYシリーズはそれぞれ4製品ずつ発表されてます。


また、Intelは第10世代プロセッサの命名規則も発表しています。「Intel Core i7」などに続く数字の先頭2桁がCPUの世代を示しており、先頭から3桁目以降がCPUの区分番号(SKU)となっています。数字の後に続くアルファベットがプロセッサの種別です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AppleがIntelのスマホ向けモデムチップ事業の買収を発表 - GIGAZINE

AMDの第3世代Ryzenシリーズがついに発売、Ryzen 9 3900XとIntel Core i9-9900Kとの比較レビューが公開中 - GIGAZINE

GPU性能を15%向上させたゲーマー向け新SoC「Snapdragon 855 Plus」をQualcommが発表 - GIGAZINE

Samsungが業界初となる1億800万ピクセルのスマホ用イメージセンサーを開発 - GIGAZINE

東芝がPCIe4.0対応・新フォームファクタ&コネクタ採用のNVMeストレージ「XFMEXPRESS」を発表 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.